FC2ブログ

スポンサーサイト

 --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しかった6~7月

 15, 2017 12:03
2017/8/12 day 706 @ France (545 Paris)
 
最後にブログを更新して、3か月も経っているなんて、
自分ながら衝撃を受けました。
かなりショック…
 
とはいえ、特に6,7月の2か月は、
この一年で最も恐れていた多忙の時期だったのです。
 
 
この半年間、以下の3つの学校を掛け持ちしてました。
・語学学校
・ホメオパシーの学校
・フィトテラピー(ハーブ療法)の学校
 
語学学校は、5月末に修了試験があり、
6月上旬で全ての授業が終了。
なんとか、一番上のクラスB2-2まで上がることができました。
自分としては、一応目標達成ですが、
この2年目は、なかなかフランス語力が伸びず、
ストレスフルな年となりました。
 
 
そして、ホメオパシー。
こちらは、
11月から月一週末2日16時間のスクーリングが、
6月まで。
 
そして6月末に、1年次修了試験がありました。
これが私の恐怖第一番目!
フランス語で授業を受ける困難、
フランス語で色々暗記する大変さ。
 
覚えたと思っても、数分後には忘れており、
試験を受けられるのか?とも思いましたが、
なんとか突破!!!
 
(暗記ノート)
 
(ある日のスライド)
 
 
 
さらに、フィトテラピー。
こちらは1月から週1の4時間の授業が、
6月末まで。
そして、7月上旬に修了試験、
7月中旬に論文提出。
これが私の恐怖第二番目。
 
私、結構植物を知ってる方なのですが、
それでも日本やアジアでは馴染みのない、
または生息していない植物がたっくさん!
それもまたフランス語で覚えるとなると、
シロツメクサ=trfle 
でさえ、見たこともない草に思えてしまう。
 
覚えても覚えても脳みそに定着しないし、
薬学の授業なので、化学もいっぱい出てくるし!
かなり苦労しました。
 
(暗記ノート)
 
(ある日のスライド)
 
 
ホメオパシー、フィトテラピー両方の試験準備に
共通してますが、
与えられた膨大なフランス語情報に一度目を通し、
その中から重要そうな箇所をピックアップし、
さらに、覚えやすいように、
フランス語で暗記ノートを作り、
その上老いた脳みそに定着するように、
日本語で簡単な要約を付ける…
という作業がまずめまいがするほど辛かった。
 
そして待ち受けるのが暗記…
ひたすら暗記暗記暗記…
 
 
正直、産婦人科専門医試験より大変だったし、
自分の能力の限界と戦った感がありました。
 
 
 
フィトテラピーの試験が終わって息つく暇もなく、
今度は論文書き…
結局、フランスでは馴染みがないだろう、
漢方について書くことに。
 
何を隠そう、
日本の漢方は、
日本の伝統的なフィトテラピーなのですよ!
 
というわけで、
「更年期障害における、当帰と芍薬」
というペーパーを一本書きました。
 
 
 
資料を集めている段階で思いましたが、
漢方の英語論文が少ない!!!
もともと経験に基づく医療だったので、
仕方ありませんが、
それでも臨床データが多くない。
 
せっかく良質の(代替)医療なのに、
もったいない。
世界で認められるためにはやはり、
英語論文が必要なことを、いまさら痛感しました。
 
 
 
 
こんな感じで、7月中旬の革命祭まで、
勉強勉強勉強…
であっという間に過ぎ、
そうこうしているうちに両親が到着。
 
一緒に革命祭のパレードを見たり、
エッフェル塔の花火を見に行ったり…
(革命祭の野外コンサート)
 
それからは、
バスク地方やら、
中央山塊やらへ旅行旅行旅行…
 
初レンタカーもして、楽しかったわ。
 
(バスクの村、アイノワ)
 
(バスクの唐辛子農場での、アペロ)
 
(ビアリッツの夕日)
 
(サンセバスチャンのバル巡り)
 
(ビルバオ、一つ星のエチャノベさんでのランチ)
 
(ミシュランの本拠地クレルモンフェラン)
 
(Volbicの産地、中央山塊)
 
(レンタカーでしか行けない、村々巡り)
 
 
 
なんの脈絡もなく書きましたが、
とにかく飛ぶように過ぎ去った、3か月でした。
 
 
勉強、大変だったーーーーーーーーー!
 
 
 
スポンサーサイト

春は一気に…

 10, 2017 04:49
2017/5/9 day 611 @ France (450 Paris)
 
ご無沙汰してしまいました。
 
最後にブログを書いたのが3月末と知り、
かなりのショック…
最低週一で書こうと思っているのになぁ。
 
 
さて。
今年のパリは、
春の到来が昨年と比べて1~2週ほど早いように思います。
 
3月中旬から下旬に、木々が芽吹き始め、
 
 
4月上旬にかけ、一気に桜やアーモンドが花開き、
 
咲き始めたと思ったら、一気に満開になり、
 
 
 
桜が終わりかける頃から、
ライラックにアイリスが咲き始め、
 
続いて、キリが咲きほこり、
 
そして藤も満開に!
 
 
 
気がつけば、一気に花は咲き終わり、
緑緑した景色が広がっています。
 
 
 
北海道に住んでいた時も、
菜の花と桜とバラとアジサイと向日葵が一気に咲く景色に、
あっと驚いたものだけど、
パリの自然も、
短い春夏を存分に味わい尽くすべく、
すごい勢いでやってくるものです!
 
おかげで、
マルシェの花屋さんも花盛り!
 
 
花盛りのパリを見るなら、
4月に訪れるのがオススメかもしれません。
フライトも比較的安いでしょうしね!
 
 
 

パリの中のインド

 29, 2017 21:01
2017/3/28 day 569 @ France (408 Paris)
 
パリでスパイシーな物を食べたくなった時…
絶対オススメな場所。
 
それが、パリのインド街。
 
パリの北駅、
Metro Chateau d'eauや
Chateau Rouge近辺は、
ここはパリか???と疑いたくなるほど、
エキゾチックな熱気に溢れています。
 
こんなふうに、
インドのサリーのお店や、
 
あまり見たことのない野菜が並ぶスーパー、
 
などなど、
パリの他の一面を知ることができる賑やかなカルティエです。
 
 
当然、安い旨い!
ないかにも大阪人が喜びそうなレストランもたくさん。
 
パリで10ユーロ以下で美味しく満腹になるのは、
難しいのですか、
さすがこの地区では見つけることができます!!!
 
 
 
大のインド料理好き、
インド料理喰らい歴30年!の私が、
訪れたのはこちら。
Muniyandy Vilasさん。
 
店内はこんな感じ。
 
ちょっと暗めですが、
お客さん次から次へとやってきて、
とっても流行っています。
 
この棚の中に、
うまそうなインド料理がひしめいています。
 
 
 
サモサなどの軽食は、1.5ユーロ/個です。

そして、頂いたのはタリセット、7.5ユーロ。
 
右のお皿が、野菜のカレー3種盛り。
真ん中の丸いのが牛肉、豚肉、羊肉、魚から選べるカレー。
今回は羊をチョイス。
左下が、南インドのパン、パラタ。
 
スパイスの加減は絶妙、
辛さは中位にして私にとってドンピシャなピリピリ感、
パラタもナンより薄いけど、チャパタよりしっとりでグッド!
 
チャイも頂いたけれど、これも抜群の美味しさ!
大阪にあったら通うぞ!ってくらい、美味しかったです。


 
 
 
そして、先述のスーパでは、
各種スパイス、
 
各種チャツネ類、
 
 
レトルトのインドカレー類や、
タンドリーチキンやビリヤニのスパイスキット、
 
アーユルヴェーダ系のコスメ、
 
などなどが所狭しとと並べられており、
これまた楽しい!!!
 
 
 
パリでスパイシーなものを食べたくなったら、
是非、北駅周辺のインド街へ、ゴー!!!
 
 



<お店情報>
Muniyandi Vilas
207 Rue du Faubourg Saint-Denis, 75010 Paris
毎日営業 12〜15時、18時〜22時30分

春はそこまで…

 26, 2017 03:31
2017/3/25 day 566 @ France (405 Paris)
 
3月に入って、
どんどん日照時間も長くなってきて、
日差しも冬の弱々しいものから、
きらきら春らしいものに変わってきました。
 
それに合わせるかのように、
空も毎日、灰色の曇り空だったのが、
時折気持ちいい青空がのぞくようになりました。
 
こんなふうに春めいてくると、
新芽や花芽が続々と顔を出し、
春の訪れを、教えてくれます。
 
 
アーモンドに、
 
 
桜… 
 
桜は、
時期的にはソメイヨシノではないんだろうと思う。
けど、日本人にとってやはり桜は格別だなあ。
 
パリの風景にも、
違和感なく溶け込んでいます。
 
 
パレ・ロワイヤルでは、
シュモクレンが満開!
 
 
木々の新芽たちの萌黄色も、目に麗しい!
 
 
 
それでなくでも美しいパリの街並みが、
より一層素敵になる春。
 
 
気温はまだまだ暖かいとは言えませんが、
冬の鬱とさよなら、
気分的にウキウキします。
 
 
ホテルや航空券がまだ安いこの時期に、
旅行するのもいいかもしれません!
 
 

フランスの身近なフィトテラピー

 20, 2017 20:34
2017/3/20 day 561 @ France (400 Paris)
 
フィトテラピー(植物療法)をパリ第5大学で学び始めて、
2ヶ月経ちました。
 
知識が増えてくると、
こちらフランスではとても身近にフィトテラピーがあることが分かるようになりました。
 
身近に…というのは、
フィトテラピーがベースのサプリメントなどを、
薬局のみならず、
スーパーなどで手軽に手に入れることができるということです。
 
 
たとえば、我が家の近くのスーパーモノプリ。
コスメ売り場の一角に、
フィトテラピーのコーナーがあります。
 
こんな感じ。
 
よく見ると、
アロマテラピーの精油やら、
フィトテラピーベースの点鼻薬。
 
植物パウダーの錠剤やカプセル。
 
これらの中には、
呼吸器系や消化器系のトラブルや、
デトックスを対象にしたものがあります。
 
そしてフランスらしく、
精力剤なんかもありますよ!笑
 
 
 
こんなに身近なフィトテラピー。
使い方、飲み方も比較的分かりやすく書いてあります。
 
ただ注意が必要なのは、
植物だから体にやさしい!安全!!!
というのは間違えで、
フィトテラピーも、
最終的には植物が産生している化学物質を、
摂取しているのです。
 
(この化学物質を純粋に人工的に生成して使うと、
薬になります)
 
なので、
子供や妊産婦さんは注意が必要です。
きちんと使用法や禁止事項を確認しましょう。
 
 
とはいえ、
そんなに価格も高くないし、
試す価値はあると思います。
 
風邪のあと、
鼻や喉中心に症状が持続しているので、
使ってみようかな…
 
 
 
 
 

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。